歯科医院で歯を綺麗に見せることができる方法

歯科での治療通院を考えた探し方

パターンを把握する

矯正歯科の動向について

矯正歯科とは乱杭歯や出っ歯、すきっ歯などを美しい歯並びにすることです。ワイヤーを歯に取り付けておこなうワイヤー矯正と、ワイヤーを使わないノンワイヤー矯正があります。ワイヤー矯正は昔からある矯正法で、しっかりと治療ができる反面、目立ちやすいというデメリットがありました。 しかし、今は目立たないノンワイヤー矯正が矯正歯科の主流となりつつあります。ノンワイヤー矯正の一つに、マウスピース矯正があります。インビザライン矯正とも言われており、透明な薄いプラスチックを装着して歯を動かしていく矯正です。インビザライン矯正は、食後のブラッシングも装置を外してできます。多くの矯正歯科で取り入れられていて、大人の矯正の定番になりつつあります。

矯正で気をつけること

矯正歯科をスムーズに行うには、日常生活で気を付けることが沢山あります。矯正治療中に虫歯ができてしまうと、矯正治療をいったん中断しなければならなくなります。そのため、矯正中は特に入念なブラッシングが必要です。固いものは細かく砕いてから食べるようにすると上手く食べれるようになります。 また、自由に取り外しができる装具を使って矯正治療をすると、勝手に装具を外してしまう人もいます。しかし、装具を外すと正しく矯正できず、治療期間も長引きます。必ず装着時間を守ることが、矯正治療の基本です。 矯正治療期間は、定期的に矯正歯科に通院して装具の調整、お口の検査をする必要があります。これも守らないと矯正の期間が長引くことになります。

Copyright(c) 2015 歯科医院で歯を綺麗に見せることができる方法. All Rights Reserved.